日本の四季

日本の夏

 日本の夏は、とても湿度が高くて暑いです。特に地域によって暑さの感じが違うのも、他の国にないところだと思います。関東は都市の熱でとても暑くなります。西日本は海が近いので、特に湿度が高いと思います。それぞれ、暑さに違いがあるのが特徴で、気候の違いになります。ですから、日本は行く場所や時期で、全く違った感じで、行った場所によって全く違うのでとても面白いです。 日本の夏の面白いところは、夏も、一つではない事です。私の国でも、雨季とかはありますが、こんなに、雰囲気は変わりません。夏の初めは梅雨という季節があって、ジメジメしていますが、緑がとてもきれいです。夏休みのころは、南の国と変わらないくらい熱くなりますが、祭りとか楽しい事もたくさんあります。私も日本人にお祭りに連れって行ってもらい、日本の文化を学べました。夏の終わりは、嵐が来ることが多いです。台風や雷が多くてびっくりしますが、大きな災害にならないのでまた驚きます。関東は、東京を中心に全体で都市化が進んでいます。とてもたくさんの人がいるので、町の出す熱が多いです。そのために、異常な天気も増えています。でも、色々な雰囲気を楽しめる日本の雰囲気が私は好きです。また、この季節はベトナムと似ているので、この時期になると自分の国のことを思い出します。