小江戸巡り


川越

川越市(かわごえし)は、埼玉県南西部 都心から約30km圏に位置する場所にあります。
江戸時代には親藩・譜代の川越藩の城下町として栄えた都市で、
「小江戸(こえど)」と呼ばれるようになりました。
城跡・神社・寺院・旧跡・歴史的建造物が多く、
「世に小京都は数あれど、小江戸は川越ばかりなり」と謳われた程です。

川越駅・川越市駅・本川越駅 3つの駅周辺には観光やショッピングを
楽しめる場所が数多くあります。特に川越駅東口から北へ伸びる
商店街「クレアモール」は、中央通り、大正浪漫夢通り、川越一番街
へと続いているため、今と昔、どちらの情緒も楽しめます。

川越にはたくさんの魅力が詰まっています。
そして何度通っても新しい発見がある!そんな街でもあります。