昔、大畑村と備後村の間に不毛の荒地があり、この土地に課せられる夫役を嫌って互いに押しつけあっていました。相撲の勝負により決着をつけたところ、大畑村が勝ち、歓喜のあまり「やったりなー、やったりなー」と踊ったことが始まりといわれています。現在は7月15日に近い土曜日に大畑香取神社で行われています。昭和30年に県の無形民俗文化財に指定されました。     
木や建造物などは少なく、意外とすっきりしていました。お祭りの時のおどる「やったりおどり」が有名です。名前が刻まれた石像がたくさんありました。    
←前の札へ 次の札へ→
Page Top