薪能は、能楽の演出方法の一つで、野外の舞台で篝火をたいて照明とするものです。由来は奈良市の興福寺の催しで行われた神事の能です。この薪能が全国各地で催されるようになったのは、昭和50年代からで、春日部でも昭和57年に春日部八幡神社の鎮座650年祭に奉納され、以後隔年で10月下旬に奉納されるようになりました。    
とても、げんそうてきできれいでした。  
←前の札へ 次の札へ→
Page Top