花積貝塚は、昭和3年に大山柏氏によって発掘調査が行われ、上下二層にわたる文化層の発見と、特徴的な土器の出土で全国的に有名になりました。この貝塚は、花積下層式土器の標準遺跡であり、県内では数少ない縄文時代中期の貝塚としても、学術上欠くことのできない遺跡です。    
石ひしか無かったのが残念でした。でも、横には説明が書かれている看板があったので分かりやすかったので良かったです。
←前の札へ 次の札へ→
Page Top