シラコバトは、ハト科でシラバト、ノバトとも呼ばれ、キジバトの仲間ですが、やや小型で尾だけ長く、ほっそりしています。首に黒い横線が走っているのが特徴で、国内では埼玉県の東部地域に生息しているだけです。 国の天然記念物で、昭和40年に、県民の鳥に指定され、本市でもよく見ることができます。     
コバトンしか見たことないので、今度よく探してみたいと思います。
   
←前の札へ 次の札へ→
Page Top