元文2年(1737)に、さいたま市岩槻区との境である古隅田川の上豊川の合流付近に架かっていた石橋で、現存する石橋では県内最古のものといわれています。現在は、南中曽根の古隅田公園内に移設し保存されています。     
石橋だったことを知らずに行ったので初めて見たときは石橋だったことにびっくりしました。     
←前の札へ 次の札へ→
Page Top