銚子口の獅子舞は、元禄10年(1697)に越谷市の下間久里から伝わり、現在まで約300年もの長い間受け継がれているものです。この獅子舞は日本無双角衛獅子ともいわれ、俗に三匹獅子舞と呼ばれています。昭和61年3月に市の無形民俗文化財に指定されました。
銚子口の獅子舞は、毎年1月7月10月に行われるそうです。獅子舞を行う場所は、鳥居が二つもある立派な神社でした。
←前の札へ 次の札へ→
Page Top