龍Q館は、首都圈外郭放水路内にあり、地下約50メートルに建設された約6キロメートルの世界最大級の地下放水路の仕組みや、 洪水のメカニズム、河川の様子などについて、楽しく学べる施設です。 名称は、所在地の庄和地域に伝わる「火伏せの龍」伝説と「AQUA(水)」からとられたもので、 平成15年のオープン時に公募によりつけられました。
工事しているときはどんな建物が建つのかなと思っていましたが、いつになっても建築が始まらないのが不思議でした。後になって地下に川の道を作っていたのだとわかりました。以前、春日部周辺では大雨になると川が氾濫し洪水になっていたようです。私たちの知らないところで私たちの生活を守ってくれる首都圈外郭放水路。龍Q館では、この仕組みを映像で見ることができて勉強になりました。 
←前の札へ
Page Top