花蔵院は、真言宗豊山派に属す寺院で、江戸時代までは、西金野井香取神社の別当として 祭祀を執り行っていました。 山門は、屋根を支える二本の本柱の他に、前後二本ずつ計四本の軸柱があり、 四脚門といわれています。 昭和30年に県の有形文化財に指定されました。    
住宅地の中にあり、普段は気にもせず通りすぎていました。歴史のあるお寺なのだということがわかりました。   
←前の札へ 次の札へ→
Page Top